ハレ・オハナ発 アロハロカヒへの道 

命輝くフラの為に、アロハ(愛)と一体となりましょう。カラダとココロを解放し、魂で踊るフラを実現します。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ ハワイ語は楽しい-音も楽しい-TOP番外編 ≫ ハワイ語は楽しい-音も楽しい-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ハワイ語は楽しい-音も楽しい-


2007E38080E3838FE383AFE382A4E38080E38391E382B4E38380720133_convert_20120717104944.jpg

ハワイ語辞書

オノマトペってご存知ですか?
擬音語のことで、キラキラとかワクワクとか、そういう言葉で、日本語のオノマトペみたいな言葉がハワイ語にはたくさんあります。聞いていると、面白いです。
音が可愛い。
日本語も、可愛い音らしいですが、ハワイ語はもっと可愛い。
それに、実は語彙も少ない。ハワイ語の辞書は、Hawaiian-English とEnglish-Hawaiian が一緒になっているのです。約3万語が収録されています。(ちなみに、広辞苑は約24万語、オックスフォード英語辞典は約62万語)
それから、動詞に過去形がない。日本語と同じで前後につく言葉で、現在と未来、過去を分けています。
慣れてくると、楽しくなりますし、何より音を楽しんでいただけたらいいなと思うので、曲を聴きながら、ハワイ語を学んでいます。
言葉は、文化を表します。
ハワイ語は、本当に小さなコミュニティーで使われてきた言葉だな、ということが、よくわかります。
建前よりも、行動で示す文化だったんだろうな、ということも想像できます。奥ゆかしさはないかも。
ハワイの文化にも思いを馳せながら、ノンビリとハワイ語を学んでみませんか?

はじめてのハワイ語と歌の意味
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。